DC2AB90A-30D6-4AB5-B2D9-20E96189D1BD
7BBC8E07-0DBD-448C-B266-0D0B5048CFA1
0DA1F0CD-1F3E-46EE-AF48-B7E45C2BF544
F98C417E-5C0C-47FB-BA60-58E4B6585012
EB703CF4-7E01-4DC5-B728-67A52E502641
F857BBF3-151A-44EF-AA2E-721A7A2A82CB
2DBEC596-1BAB-45DA-86B6-2AC888FD754E
終わり


※カムが小学生の頃のお話です

一見、あちこち探検していただけの時間のおかげで
リハビリ室へ向かう道中も、
リハビリの最中も、
いろんなチャレンジができました。

何よりカムが自ら『やってみよう!』という意思で動いているのを
感じました。

ちょっと苦手なマッサージも
大人しく受け入れていたし!

スムーズに指示が通ることに ひたすら驚いたのを
覚えています。

しかし…

これは一対一で時間を取ることになってしまうので
複数人の生徒さんがいる場合は難しいかもしれません。
(先生は、難しいと言いつつも
色々と実践してくれたようでした!)

教育って
たくさんの児童の中で育つ部分もありますが
一人一人に向き合って時間をかけることも大事なんだなと
実感した出来事でした。

 

 ▽最初から読む▽


▽他のカムのトリセツを読む▽



 

*****



LINEで更新通知をうけとる



31f51fe3.png