カムホーム

先天性CMV(サイトメガロウイルス)感染症で生まれたカム王子の日々。難聴、発達障害(知的障害)、睡眠障害などの障害あり。成長がゆっくりな猫系男子カムの、のんびりな北海道ライフ。

カテゴリ: はじまりのお話

このシリーズで三角や四角バージョンの絵本もあり、購入してみましたが丸ほどの熱は感じられませんでした。赤ちゃんにはやっぱり丸◯が良いようです! カムを虜にした絵本がこちら↓  小児病院の待合室で見つけた絵本。この一冊からカムの絵本好きの歴史が幕を開けたのです ...
続きを読む

『はじまりのお話』のおまけ漫画です退院して1ヶ月後… 退院した後も定期的に病院へ受診します。いや〜しかし…小児科は本当に混んでいて待ち時間が長い…暇だったのでカムに絵本を見せてみたら、運命の出会い♡カム人生初のどハマり!その絵本がこちら↓   次回に続く▼ ...
続きを読む

最近は『障がい』とひらがなで表記するのをよく見かけます。私は漫画の中やコメントなどで『障害』と表現しています。これはカムが『害』なのではなく、カムに特性があることで社会に出ると壁(障害)を感じることがあるから。だけど子育てをしていて思うことは私自身もなか ...
続きを読む

成長するにつれて期待したり多くを求めたりしてしまうけど、根底にあるものは最初に赤ちゃんを見たときに思った、幸せに生きてほしいということ。これからを頑張っていくにはたまに、カムが赤ちゃんの頃を思い出すのも大事。初心を思い出すのも大事だなと思いました。なんだ ...
続きを読む

小学校入学した頃のカムは1人で歩いたり走ったりはできますがバランスが不安定で転ぶことが多かったです。歩き慣れていない雪道は特に難しい。でも手を繋いであげればカムは喜んで歩いてくれました(歩くの大好き)そんなカムと雪道を安全に快適に歩くために素手で手をつなげ ...
続きを読む

聴覚障害があるのは出生後すぐに分かりましたが、その後成長と共に体幹機能障害や知的障害、感覚過敏、睡眠障害こだわりの強さなど、いろんなことが分かってきました。カムが1番カムのことを分かっていて、カムの『謎な行動』の正体は障害などからくるカムにとって『必要な行 ...
続きを読む

寝転んで遊ぶことが多かったカム氏。2歳頃夜中の歩く練習。通称、夜練コーナーなら安定して立てることを発見するカム氏。 一丁前の顔して立っていますが、伝い歩きがおぼつかない頃です。***療育やリハビリはそこで教えてもらったことを自宅で実践し生活に馴染ませること ...
続きを読む

障害者手帳を入手してからはリハビリに行ったり療育に通ったり。そこでのアドバイスは日常生活でも活用し、色々応用してみたりしていました。だからリハビリや療育の間は質問しまくりでした^^;補聴器も作りましたが耳が敏感なカムにはなかなかハードルが高かったです。(この ...
続きを読む