カムホーム

先天性CMV(サイトメガロウイルス)感染症で生まれたカム王子の日々。難聴、発達障害(知的障害)、睡眠障害などの障害あり。成長がゆっくりな猫系男子カムの、のんびりな北海道ライフ。

カテゴリ: カムのトリセツ

終わり※カムが小学生の頃のお話です一見、あちこち探検していただけの時間のおかげでリハビリ室へ向かう道中も、リハビリの最中も、いろんなチャレンジができました。何よりカムが自ら『やってみよう!』という意思で動いているのを感じました。ちょっと苦手なマッサージも ...
続きを読む

つづく※カムが小学生の頃のお話ですリハビリを開始してしばらくの間はカムの行きたいところ、やりたいことを優先し、リハビリ室には一歩も入らない日々が続きました。病院内をあちこち探検し、物置や階段、事務室?みたいなところなど入っても大丈夫な所は自由にさせてもら ...
続きを読む

つづく※カムが小学生の頃のお話です確かに好きな人って見ちゃうし真似したくなりますよね。 子供同士ならすぐに仲良くなれるかもしれないけど子供と大人。そんなにすぐに仲良くなれるのか?そういえばこの先生が担当になった時他の先生と違うところがあったのです。それは ...
続きを読む

つづく※カムが小学生の頃のお話ですカムは耳が聞こえないので指導するときや行動するときにお手本を見せたり、写真カードや現物を見せたり視覚に訴えることはとても重要です。しかし、あまり慣れていない人と目を合わせたりその人の方を見ることは苦手なカム。そこでカムが ...
続きを読む

昔は抱き上げていましたが、体が大きくなった今は無理なので、この方法を使っています。力も必要なくヒョイと立ち上がらせることができるのでおすすめ!カムも「あら!立ちあがっちゃった~笑」という好反応!ただし、ある程度カムにも立ちあがってもいいかな〜という心構えと ...
続きを読む

カムが荒れている時の対処法。保冷剤をタオルなどに包んで当てると逆に怒られてしまいます。保冷剤で冷やすのは手!その冷やした手をカムのおでこに当てます。荒れている最中は刺激を少しでも減らすため、声をかけたり、顔を覗き込んだり、体を触ったりするのは極力避けます ...
続きを読む